終止符を打ちたい、生きることに

今日も寝ている生活が続いた。

やる事はやって、掃除洗濯とか、あとは起きているのが辛くなってしまう。

寝逃げをしてしまう。

それでも、猫さんたちと寝られるのは幸せを感じる。


こんないつも寝てるような状態でも、明日は面接に行かなければならない。

正直、埼玉でも南の方なので、コロナが怖い。

ちゃんと行くけど。


面接はどうなるかな。

それにしてもコロナが怖い。

感染して死ぬときは、それはそれでいいのかも知れない。

ただ、猫さんが…。


死にたい気持ちは変わらない。

ただ、猫さんが気になるから、死ねないって思ってる。

やっぱり、仕事をする気になったのは、軽躁じゃなかったのかも。

一時的に元気になっただけだったのかも。


今も何とも言えない気持ち、感情。

心の支えが欲しい。

猫さんがいるけど。


毎日、地獄のように感じる。

世界中で、コロナと闘ってたり、重い病と闘ってたり、大変な人は大勢いるのは分かってる。

でも、私は私の中では、地獄のようなもの。

これは、精神が目に見えないから分かってもらえないだろう。


猫さんたち、あと何年生きるかな。

一番若い、すずがやっと1歳だから、まだ先は長い。

私は地獄としか言いようがない。


それを覆す為にも頑張らなきゃならないのか。



熟睡できるように、トマト酢を買った。

美味しい。



16回の閲覧

最新記事

すべて表示

近頃の私と言えば

先週、水木と派遣で働いてから、次の日は急遽、電車で病院に行ったりと、ちょっと慌ただしく、ダウンしてた。 やっぱり2日間の続けての仕事は辛い。 かなり効いた。 でも日払いだし、時給もそこそこいいし、頑張ればお金がもらえると思うと、何とか頑張れる。 でもその後は、やっぱり鬱になった

仕事と病気のお話し

一昨日、昨日とブログが書けなかったのは、派遣で単発の仕事に行ってたから。 倉庫での作業をやってきた。 9時から17時までの7時間。 2日間続けて行けた。 誰も褒めてくれないから、自分を褒めてあげたい。 よくやった。頑張った。 倉庫でのマスクを詰めたりする作業だった。 とにかく