終止符を打ちたい、生きることに

今日も寝ている生活が続いた。

やる事はやって、掃除洗濯とか、あとは起きているのが辛くなってしまう。

寝逃げをしてしまう。

それでも、猫さんたちと寝られるのは幸せを感じる。


こんないつも寝てるような状態でも、明日は面接に行かなければならない。

正直、埼玉でも南の方なので、コロナが怖い。

ちゃんと行くけど。


面接はどうなるかな。

それにしてもコロナが怖い。

感染して死ぬときは、それはそれでいいのかも知れない。

ただ、猫さんが…。


死にたい気持ちは変わらない。

ただ、猫さんが気になるから、死ねないって思ってる。

やっぱり、仕事をする気になったのは、軽躁じゃなかったのかも。

一時的に元気になっただけだったのかも。


今も何とも言えない気持ち、感情。

心の支えが欲しい。

猫さんがいるけど。


毎日、地獄のように感じる。

世界中で、コロナと闘ってたり、重い病と闘ってたり、大変な人は大勢いるのは分かってる。

でも、私は私の中では、地獄のようなもの。

これは、精神が目に見えないから分かってもらえないだろう。


猫さんたち、あと何年生きるかな。

一番若い、すずがやっと1歳だから、まだ先は長い。

私は地獄としか言いようがない。


それを覆す為にも頑張らなきゃならないのか。



熟睡できるように、トマト酢を買った。

美味しい。



0回の閲覧